<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

娘のギター決定!

Squier by Fender Mini ST

昨日の日記をご覧頂けばわかるように、娘のギターは不本意ではありつつもZO-3等のアンプ内蔵の小型のギターにするほか無いかなと諦めかけていた。
そんな時、時松工房から電話があり、実はSquierがミニギターを作っているが、それはどうだ?との事だった。
デザインは、ストラトタイプでサイズがレギュラーサイズの3/4の大きさ。

早速家に電話して、娘に黒と赤のどちらがいいか確認し、折り返し時松工房に電話して、注文した。
赤にするのかと思いきや、娘は黒を選んだ。

在庫さえあれば2~3日で入荷するとの事だった。
ネット等でいくら探しても全く見つからず、本当に諦めかけていたので、時松さんから電話を頂いた時は小躍りしてしまいそうなくらい、うれしかった。
恐らく随分と色々探してくださったのだろう。
時松さんにお願いして本当によかった。
ともあれ、帰宅してからSquireのmini STについてネットで調べてみた。
写真を見る限りでは、かなりいい感じだ。
通常のストラトは1Vol2Toneなのだがminiは1Vol1Toneで弦が裏通しでは無く表からブリッジを通すようになっている。
価格にしろデザインにしろ、かなり理想に近い。
意外にもアメリカの某楽器評価サイトでは軒並み高得点を獲得していた。
特に年齢層の高い人達の評価が異常に良く、自分が演奏した音源をアップしている人までいた。
その演奏を聴く限りでは、恐らくレギュラーチューニングなのだろうが、弦のテンションの低さは感じるものの、トータル的には馬鹿にできない音だった。
ご存知の方も多いと思うが我が家は、6歳の長女を筆頭に5歳、3歳、0歳と4人の子供がいるので、ミニサイズのギターも当分の間、十分活躍してくれることだろう。
まずは基本に忠実に、AC/DCのback in blackのリフからいってみよう。
ランドセルをしょって・・・

a0039078_8474714.jpg

[PR]
by tks-thekid | 2008-01-31 08:47 | 四方山話し

娘にギター

長女の凜がもうすぐ小学1年生。
うまくそそのかして、最近ギターに興味を持ち始めた。
しめたとばかりに早速、入学祝い(まだ先)に卒園祝い(これもまだ先)と誕生日祝い(やっぱりまだ先)を兼ねて、ギターを買ってやろうという事になり、無理やり奥様から許可を頂いた。
はっきりと予算などは決めていないのだけど、基準としては、凜でも持てるサイズと重量のまともなギターという事になるのだが、それがなかなか無い。
おもちゃみたいなギターを買っても結局はおもちゃで終わってしまうのでは、それはさすがに不本意だ。
せっかくお金を出すのだから、しっかりしたものをしっかりしたところで購入したい。
という事で昨日早速、凜をつれて時松さんとこに行ってきて、カタログを見せて頂きながらギターを探したのだが、なかなかこれというのが見つからない。
散々悩んだ挙句、Photogenicの廉価モデルのストラトを注文したのだが、帰った後でそのモデルには、レギュラースケールの物しかないという事に気付き、別のを探してもらうようにお願いした次第だ。
自分でも色々と探してはいるものの、大雑把に決めた予算内では、どうもしっくり来るギターが見つからない。
とりあえず、フェルナンデスのZO-3かピグノーズのPGG-200あたりのアンプ内蔵型のショートスケールのギターあたりに落ち着くしか無さそうだ。
両方定価30,000円くらいなので、当初の予算よりかは少し高付いてしまうが、両方悪い楽器では無さそうなので、仕方無いか・・・
とりあえず軽い方がいいので、どちらか軽い方にしようと思う。
あとは、奥様がうんと言ってくれるかどうか・・・

a0039078_1773989.jpg
a0039078_1781120.jpg

[PR]
by tks-thekid | 2008-01-30 17:14 | 四方山話し

みんなNarksって知ってる?

今聴いてみると、なんかかっこいいな俺ら。
ぜんぜんうまくないけど、なんか本気だ。

笑ってくれるかな
Crybaby's Song
NewSong
僕のスター
teresa
アカツキの空

ライブやりたくなってきた。
[PR]
by tks-thekid | 2008-01-25 22:54 | 四方山話し

どうなの

もちろん楽しみではあるのだが、やっぱりiPhoneはいらないような気がする。
携帯ガジェットが一つのデバイスとして持つ役割は二つが限度なのではないだろうか。
携帯電話にPDAの機能がついたデバイスを一般的にスマートフォンと呼ぶ。
iPodとPDAが一緒になったデバイスがiPod touchであるとすれば、iPhoneは、携帯電話とPDAとiPodの三つの役割を一つのデバイスに詰め込んだという事でとても画期的なわけだ。
勿論スマートフォンでも音楽が聴ける。
しかし、それはあくまでオマケ程度の機能で、積極的にその機能を使おうという人はあまり見かけない。
正直、携帯AVプレーヤーと電話は相容れないのではないかと思うのだ。
PDA機能と電話機能は相互にその役割を助長しているし、PDA機能と携帯AVプレーヤー機能も助長とまでは行かなくても邪魔はしていない。
AVプレーヤーと電話はどうだろうか?
家で音楽を聴いていて電話がなったらどうだろうか?
家で映画を見ていて電話がなったらどうだろうか?
逆に・・・
電話をしている横で音楽を聴かれたらどうだろうか?
電話をしている横で映画を見られたらどうだろうか?
邪魔である。
また電話は繋がらなければ意味が無いわけで、バッテリーが無くなれば、当たり前に繋がらなくなる。
バッテリーを長時間充電できないような環境でこそ、携帯AVプレーヤーは、その真価を発揮するのではないか?
勿論、三つの役割を一つのデバイスが担うことでのメリットが無い訳では無い。
一番のメリットは、単純に一つ荷物が減るという事だ。
そして、携帯電話であれば、いつでもどこでも肌身離さず持ち歩いても全く苦にならない。
そういう意味ではやはり、とても魅力的なデバイスなわけだ。
ただ、携帯電話特有の忘れてはいけないもう一つの大き問題がある。
それは携帯電話料金だ。
docomoとソフトバンクの1ユーザーあたりの平均の月額料金は\4000~\5000。
appleは、携帯キャリアに対して一回線につき約$20/monthを請求しているらしいのだが、平均月額料金の約50%にあたるわけだ。
それを、キャリアだけで全て負担するとは到底考えられないから、ユーザーにしわ寄せが来るというのは想像に難くない。
あくまで予想だが$20の50%~100%をユーザーが負担しなければならないという事になるのではないかと思う。
となればiPhoneを使うために月々\1000~\2000を余計に負担しなければならない事になる。
個人的な話をすれば、サイクルコストの増加が一番ダメージがでかいのだ。
だったら、iPod touchでいいやとなってしまうわけだ・・・
[PR]
by tks-thekid | 2008-01-16 14:03 | 四方山話し

褒められて伸びるほう

今、「褒めて伸ばす」というのが子育てのセオリーなのだが、これは子育て以外にだって当てはまることだ。
例えば、地球温暖化問題でも同じなのではないかと思う。
終末的な発想で「地球滅亡も秒読み段階」などとあからさまに不安を煽るような事を言う人達もいるが、むしろ逆効果だ。
勿論、現状地球がどういう状況であるのかを正しく知るという事は、非常に大切な事だと思うのだが、不安を煽る必要は無いだろう。
例えば、高校受験を控えた成績の悪い中学生に「もう無理、絶対に合格しない」と言うのか「今の君の成績はこのくらい、目標の高校に合格するには、あとこのくらい点が必要。でも、今からでも必ずできるよ」と言うのか。
自分であれば間違いなく後者の方がやる気が出る。
こういう地球規模の問題は、やる気の問題ではないのかもしれないが、ネガティブな感情とポジティブな感情、そのどちらに大きなパワーがあるかと言えば、俺はポジティブな感情だと思う。
「人類が作り出した問題なのだから、人類の英知を結集すれば必ず解決できる」
俺は科学者でも政治家でも何でも無いただの人なのだが、人類代表として、そう思いたい。
[PR]
by tks-thekid | 2008-01-10 16:02 | 四方山話し