カテゴリ:四方山話し( 150 )

バケペン

昨晩、くみさんからPENTAX645Dの話があったので、それについて自分が今思っている事を書きたい。
Pentaxの中判フィルムカメラは、2009年9月に製造が終了となった。
未だに根強い多くのプロカメラマンの愛用者がいる、67及び645だが、特にバケペンの愛称で親しまれている67については、もはや伝説の域に入る。

バケペンは、大きく重く異常なほどのミラーショックと大きなシャッター音がする、M型ライカの対極にあるようなカメラである。
しかしながら、バケペンに三脚をつけたまま、肩に担いでストリートスナップを撮影する様は、M型ライカのそれと同様に何故かスタイリッシュなのだ。

現状のPENTAXの戦略は、キヤノンやニコンのようにフルラインナップを定期的にアップデートしていくというものでは無く、エントリー機に極端にバイアスがかかった形のラインナップとなっている。
そこで、くみんさんの話の中であった”未だフルサイズ出してないのに645?”という事なるのだが、例えばこれがキヤノンやニコンのように、フルラインナップを定期的に更新していくようなスタイルで尚且つフィルム時代から35mm一本のメーカーであれば正道なのかもしれない。
しかし、どちらかというと35mmカメラよりも中判でプロアマ問わず多くのユーザーから評価を得ていたPENTAXならば、間を飛び越して645に行きつくのは、ごくごく自然な事だと言える。
ただ、それが商売的に正解なのか否かは、今の段階ではどうにも結論できない。

結局バケペンを未だに愛し続けるようなコアなユーザーが645Digitalをどう評価するかにかかっているのではないだろうか。
噂によればライカM9同様コダック製のフルフレームCCDを採用するとのこと。
となれば、現在主流のインターラインでは当たり前になっている、ライブビューや動画撮影などは行えない。
そのかわり、撮像素子にほとんど回路を持たないフルフレームCCDは同じサイズのインターライン型に比べ、受光面積が広くダイナミックレンジや、色再現性やその深さは全く別次元、別格な物になる。
キヤノンやニコンのデジタル一眼が高性能マシンガンであれば645Digitalは余計な機能は一切無く、撮像素子に命をかけた日本刀のようなデジカメだと言えるだろう。

他方、PENTAXの中判カメラと言えば、手頃な価格が大きな魅力であった。
ハッセルは無理でもPENTAXならと、中判写真に挑戦した、アマチュアカメラマンは数知れないだろう。
むしろ商売的な成功は度外視した浪花節のようなカメラにして頂ければと切に願っている。

645Digitalの詳細発表が楽しみだ。
[PR]
by tks-thekid | 2010-02-23 12:53 | 四方山話し

大変な事に・・・

SONYがこんなものを発表してしまった。
キヤノンやニコンは、ミラーレス一眼には、まだ手を出してこないだろうとは思っていたが、SONYが来るとは。
過去のレンズ資産が少ないメーカーは、レンズマウントを増やす事に大きな抵抗が無く、新しい技術に対して柔軟な対応を取る事ができるというアドヴァンテージを再認識した。
Zeissレンズが純正で使える、ミラーレスカメラ。
これはまさしく現在のContaxであると言えるだろう。
惜しむらくは、APS-Cである事だろうか。
35mmサイズの撮像素子を乗せたミラーレス一眼は一体どこのメーカーが最初に作るのだろうか。
オリンパスは、
非常に残念だが、マイクロフォーサーズの未来はこれでもう無くなってしまったのかもしれない。
[PR]
by tks-thekid | 2010-02-22 11:14 | 四方山話し

iPadの大きさ

iPhoneの3.5インチの画面は少し小さい。
でもiPadの9.7インチの画面は少し大きい。
わがままかもしれないが、iPhoneとiPadのちょうど真ん中くらいのサイズが良い気がする。
無いものねだりだな。

ともあれ、iPadはかなり好き。
iPhoneだったり、iPadだったり、なんか子どもの頃に夢見ていた未来がそこにある感じだ。

ドラえもんとくらべるのは厳しいけど電子ブックリーダーと比べるのは、ちょっとiPadに失礼な気がする。
それくらい夢のあるデバイスだと思う。
[PR]
by tks-thekid | 2010-02-21 17:15 | 四方山話し

スチルカメラでムービー撮影?

こちらの動画を見て、正直かなり驚いたし、感動した。
特にEOS Kiss X4で撮影された、circleという作品は、映像的にも音楽的にもとても好きだ。
コンシューマー向けの製品で、こんな動画が撮影できる時代になってしまったのか。
10年前なら、これだけの映像を撮影するためには、機材だけで少なくとも100万円単位のお金が必要だっただろう。
来週発売となるEOS Kiss X4は安いところでは、実売で¥80,000を切るようなカメラである。
なんというか、久しぶりにワクワクしてしまった。

女子カメやママカメの世界は、オサレな写真からオサレなムービーになって行くのかな。
[PR]
by tks-thekid | 2010-02-20 16:59 | 四方山話し

預言者?

以前に書いたエントリー
http://thekid.exblog.jp/6297794/

なんか預言者みたいでかっこいい俺。
仕事疲れた・・・
[PR]
by tks-thekid | 2010-02-08 21:07 | 四方山話し

初アオリイカ

a0039078_0331723.jpg


季節になったので、最近エギングをはじめた。
いままで二回の釣行で、つれたのは甲イカが二杯。
まだアオリイカを釣った事が無かった。
今日は、仕事が終わって会社の人達と3人で佐賀関まで遠征。
サイズは、写真を見れば分かる通り、かなり小さいけど、人生初のアオリイカ。
小さくても、やっぱり初はうれしい。
しかも今日迄エギングでまさかの坊主無し。
奇跡。

ヒットエギは、エギ王3.0号
新子の季節なので、2.5号でも良いのかもしれない。
[PR]
by tks-thekid | 2009-09-30 00:36 | 四方山話し

外道

先週まで若干忙しく休み無しな感じで釣りにすら行けない状態だった。
今週は少し緩んできて釣りに行く時間を確保。
まず、土曜日夜20:00頃から、亀川漁港までプチ遠征。
初めて行く場所なので、調査がてら、軽くやってみようとクーラーボックスは持って行くものの氷はいれず。。。
すると、数投でいきなりヒット。

a0039078_10503641.jpg


おいしそうな太刀魚ゲット。ヒットルアーはSasuke 75 shad のレッドヘッドホロ。
港湾部での鉄板ルアーになりそうな予感。
釣行開始から30分経ってないけど、折角の太刀魚を刺身で食べられないのは勿体ないので納竿。
帰って奥様が刺身にしてくれたんだけど、子ども達ががっつきまくり5分もたずにきれになくなってしまった。

気を取り直して翌朝4時起きで西大分某所にてホームゲーム。
前日の失敗を繰り返すまいと、ちゃんと少量ながらもクラーボックスに氷を入れて出発。
またもや、開始数投でヒット。。。軽い。
何これ?
と思ったらカマスでした。
またもやヒットルアーSasuke 75 shad。
何でも釣れるのね、このルアー。
クーラーボックスにカマスを入れて、さらにSasuke 75 shadを投げ続けること10分弱。

ごっつん!!!

これは!
絶対にでけーぞ!
スズキだろスズキ!
ジージードラグがなりまくり。
手応え十分。
前回玉網がなくて、大変な事になったけど、今回は準備万端。
さぁきやがれ、スズキ!

かなりバッシャバシャされながらも玉網でしっかりランディング。
ん。。。。。これ。。。。なんか。。。。。


スズキじゃなくね?

a0039078_1115745.jpg


さ・わ・ら・・・・???

前回のスズキ並のサイズの76cmのサワラでした。
おかっぱりから、こんなサイズのサワラが釣れるのね・・・・。
興奮しまくったけど、なんだか拍子抜け。
その後、二匹カマスを追加して納竿。
結局、本命のスズキには出会えず・・・・外道祭り。

ともあれ、二日間でヒットしたルアーは全てSasuke 75 shadだった。
おすすめルアーです。
お試しあれ。
[PR]
by tks-thekid | 2009-09-06 11:09 | 四方山話し

70cmオーバー!

西大分某所にて、70cmオーバーのスズキをゲット!

a0039078_20193855.jpg

ルアーは、河川では、全く使えなかったローリングベイト。
評判の良いルアーだけど、使いどころが無いと思ってた。
今日も投げる予定じゃ無かったけど、先発のsasukeも、二番手のR50も全く反応無し。
満を持してローリングベイト登場。
開始数投で根掛りのようなあたり。
ぐいぐいドラグが出ていく。
ドラグを調整しつつ、念のため、もう一回しっかりフックさせるように合わせを入れる。
結構しめたのにドラグは出まくり。
魚影が見えた。
チヌじゃない。青物でもない。
スズキ!!!といった感じ。
しかしながら、ランディングネットを持っていなかったので、引き上げる時に、ロッドが・・・・
折れちゃいました。

釣り具のま○きに電話して2ピースロッドの一番だけ注文。
いくらかかるのだろうか。

とりあえず、かなり興奮しました。
上げた後は、手が震えてました。
[PR]
by tks-thekid | 2009-08-08 20:27 | 四方山話し

E-P1雑感

発表を受けての雑感ではあるが、思った事をそのまま書こうと思う。
実機を触っていないので、カタログスペックのみでの判断になる事をはじめにお断りしておく。
カメラ自体のスペック的なものは、ほぼ文句のつけようが無いように感じる。
特に、操作系を一新して、新しいツーダイヤルスタイルを導入したのは、恐れ入った。
また、あの小さいボディの中に、否、小さいボディだからこそというべきが、しっかりとした手ブレ補正機構を入れてきた事も素晴らしい。
デザインも、よくまとまっているし、変なノスタルジーを全面に押し出すような事が無くてよかったとホッとしている。

ストリートスナッパーが求めるカメラ像は正にこれと言い切っても良いのではないかと思うくらいなのだが、とにかく納得いかない事がある。
それはレンズだ。
セットズームにいちゃもんをつけるつもりはさらさら無い。
しかし、同時発売されたパンケーキレンズは、看過出来ない。

折角、ミラーレスになったのだからパンケーキなどと、つまらない小細工はやめて正々堂々と”これぞOlympusの本気の標準単焦点だ!”と言うレンズを最初に出してほしかった。
例えばLeicaのLeica Summicron 35mmのような、そのメーカーの代名詞的な、全てにおいて本気でガチンコのレンズでマイクロフォーサーズ規格のレンズ設計での優位性を全面にアピールしてほしかった。
パンケーキレンズを全否定しているわけでは無い。
ただ、小型軽量薄型である事が先に来て肝心の描写性能は二の次では、納得出来るわけがない。
実際に自分で使ったわけでは無いので、短絡的な批判は避けるべきではあるが、どの作例を見ても、Panaのマイクロのズームレンズの方がよく写るのでは?と思わせる程度のレベルだ。
すくなとも、俺が期待していたのは、小型軽量で取り回しが良く切れ味鋭いダガーナイフでは無く、使う人間の感性を刺激し、そのレンズを使いこなすために、またそのレンズを持つものとして恥ずかしくないほどの技量を身につけなければならないと思うような斬鉄剣ばりのレンズだった。

ともあれ、このカメラの凄い所は、マウントアダプターを使えば、古今東西様々なMFレンズが使えると言う事でもあるわけで、純正に拘らなければ、世界中のレンズがこのカメラの為にあると言ってもいいわけだ。
価格的には、売り出し価格としては、妥当な線だが、DP2の売り出し価格くらいまで下がれば買い時では無いだろうか。
更に、超個人的な要望を書くとするならば、是非ともコシナに、マイクロフォーサーズマウントのMFレンズを作って頂きたい。

最後に、tsykは何も迷わずコシナのFマイクロアダプターと一緒に買ってよし。
[PR]
by tks-thekid | 2009-07-20 12:07 | 四方山話し

夜の趣味

と言っても、下ねたではない。
写真はどちらかというと、夜には適さない趣味であり、昼間写真を撮る時間がとれないと非常にストレスが溜まるわけなのだが、今の仕事では、昼間は中々ゆっくり時間がとれなくなってしまった。
時間がとれないと、溜まる一方のストレスをうまく発散しなければ、今の仕事を続けて行く自信は無い。

子どもの頃から、親父とちょくちょく行っていた釣りが今のストレス発散の為の趣味だ。
親父とは、エサ釣りをやっていたが、今は専らルアーを投げて楽しんでいる。
しかしながら、ブラックバスは、好きじゃないからやらない。
何故すきじゃないかと言えば、理由は単純。
釣っても絶対に食わないからだ。
うまいとかうまくないとかそれ以前に、日本ではバスを食う文化など元々無いのだから、食う気にならない。
食ったら実は案外いけるという話もあるが、俺は遠慮する。
という事で、ルアーでも専らソルトウォーターである。
ソルトウォータールアーと言えばスズキだ。
しかし、下手の横好き。
というか超ド下手である。
ド素人である。


正直、全く釣れない。


ただ、下手で良いのだ。
結果など求めないのが趣味なのだ。



いや、もちろん釣りたいのだが・・・・


「爆釣」を夢見る超ド下手の釣り話の続きはまた次回。
[PR]
by tks-thekid | 2009-07-14 00:41 | 四方山話し