カテゴリ:14-54 2.8-3.5+FL-36( 5 )

若干?マニアックなレンズの話し

今日の日記で、Micro Four Thirdsを猛烈に褒め称えたのには、個人的なレンズ趣向の中での大きな意味があるのだ。
俺のレンズ趣向をご存知の方なら、この地点でピンときているかも知れないが、今日の日記でも書いた通り、Micro Four Thirdsにはミラーボックスが無い。
ミラーボックスが無いという事は、後玉が張り出したバックフォーカスの短いレンズが装着できる。
後玉が張り出したレンズと言えば・・・という話である。
ここまで書くと、CONTAX好きやZeiss好きは、「あの」レンズの名前を頭に思い描く事だろう。

そう、それはBiogonとSonnarである。
特にMicoro Four Thirdsで期待されるのはBiogonである。
あのルートヴィッヒ・ベルテレが発明した対称型の広角レンズだ。

対称型であるが故にバックフォーカスを短くしなければならず、一眼レフでは、その設計を採用するレンズを作るのは不可能であった。
広角特有のあの歪曲収差が少なく、CONTAXの銘玉軍団Gシリーズの地位を不動のものにしたのは、紛れも無くBiogonであった。

かたやSonnarと言えば、あの憧れのロバート・キャパの代名詞である5cm F1.5ではないか。
レンズコーティングに頼らずにレンズ構成だけで超ハイコントラストを実現した、現代においては意味不明なスーパーレンズだ。
レンズの張り合わせ面が多すぎてめちゃくちゃ高価になるというのがめちゃくちゃいかしている。

またPlanarに代表されるガウスタイプ(正式にはダブルガウスタイプ)のレンズも本来は対照型であり、無理無く設計すれば、後玉は張り出しているはずなのだ。

ともかく、レンジファインダー全盛時代の銘玉の特徴の一つとして、後玉が張り出したバックフォーカスの短い物が非常に多いのだ。
一眼レフ用のレンズ設計の歴史は、いかにバックフォーカスを長くして、クイックリターンミラーに干渉しないようにするかというところから始まった。
はっきり言えば、一眼レフ用のレンズは、最初から無理して作っているのだ。
それに比べてレンジファインダー用のレンズには無理がなかった。
発明者の閃きが、余計な制約条件無しに、そのままレンズにだけ注ぎ込まれたのだ。
それが現代に新しい設計、新しいシステムで蘇るかと思うと、もう鼻血が出そうなのである。
こんな下らない、半分迷信みたいな事で大喜びできるのだから、俺も単純である。

しかし、本当にカメラの事でこんなにわくわくするのは久しぶりなのだ。
一緒にこのわくわくを分かち合えそうな人がいれば是非とも一杯やりたい。
[PR]
by tks-thekid | 2009-01-13 17:40 | 14-54 2.8-3.5+FL-36

時事ネタ

相撲は、伝統芸能なのか、プロスポーツなのか、これを白黒はっきりさせる必要は無いと思う。
この非常に曖昧な二面性が相撲だと思うからだ。
どちらかを切り捨てれば、もはや相撲では無くなってしまう。
しかし、この二面性の歪みが今、負の形となって相撲界を襲っている。
この二面性は、カメラメーカーのライカのそれとよく似ている。

話しは変わって、沢尻エリカだが、今色々と話題になっているようで、和田アキ子が、アッコにおまかせで例の舞台挨拶の件をとりあげて切れていたらしい。
恐らくのところ、沢尻エリカに対して和田アキ子が抱いた不快感と同じ不快感を非常に長い間、一般人が和田アキ子に対して抱いていたと思うので、人の振り見て我が振り直せといいたい。
[PR]
by tks-thekid | 2007-10-01 12:23 | 14-54 2.8-3.5+FL-36

光を作る その3

a0039078_2355429.jpg


ワイド側ではまだまだだけど、若干テレよりにすると、自然な光が作れるようになってきた。
[PR]
by tks-thekid | 2007-04-02 23:56 | 14-54 2.8-3.5+FL-36

光を作る その2

a0039078_10362381.jpg


子供のフラフープに模造紙を貼り、片方の面に、一度くしゃくしゃにしてのばしたアルミ箔をはって、銀レフを自作してみた。
大きさ的には、ちょっと大きめだけど、取り回しには問題ない大きさ。
とりあえず、使って一枚撮ってみた。
[PR]
by tks-thekid | 2007-03-31 10:38 | 14-54 2.8-3.5+FL-36

光を作る その1

a0039078_23473471.jpg


Olympus純正の外付けフラッシュFL-36を使って撮った写真。
前からほしかったのだけど、なかなか買う機会が無く、最近ようやく必要に迫られて購入。
そこにある光では無く、自分で作り出す光で撮影するのは、やはり難しい。
[PR]
by tks-thekid | 2007-03-28 23:41 | 14-54 2.8-3.5+FL-36