自信?

システムを飯の種としない会社にとって、システムエンジニアは、”費用”。
システムを飯の種にしている会社であったとしても、サポートのエンジニアは、”費用”である。
直接的にお金を生まない、所謂”間接部門”なのだ。
久しく間接部門でエンジニアをやっていると、どうしても直接部門でお金を生んでいるほかの社員に対して、負い目というか引け目というか、そういう物を感じてしまうわけだ。
それは、仕事のやり方にも大いに関係する。
短期間、低コスト、同時進行。
そして”できない”を言わない。
仕事が終わらないなら、休まなければいい。

他の社員から、よく「どMですね」と言われるが、多少そういう傾向があったとしても望んでそうなっているわけではない。
ただ、今日思ったのだが、自分の技術や経験に自信があるのなら、会社に対する過度のエクスキューズはやめるべきだ。
もう、そういうのやめよう。
前の会社でもそうだけど、俺の専門分野で俺より分かる人間なんていないんだし、自分の能力を安売りするべきじゃない。


とはいえ、そういう性格は急には変わらない。
というか変えられない。
でも、客観的に自分を見た時、それなりに無理な事をしてきた分、いろんな事ができるようになった。
ちょっと自信を持っていいかな。
ということは、今の仕事のやり方を変えない限り、もっといろんな事ができるようになるのかな。
もっといろんな事ができるようになりたい。
30過ぎちゃったけど・・・
[PR]
# by tks-thekid | 2010-07-11 01:48 | 四方山話し

また転職

昨年の6月に前職のソフトウェア開発の会社に就職して1年、いろいろな事情があって、この6月に大分市内の某不動産会社に転職。
20歳でシステム屋になり10年間、ずっとこの道で飯を食ってきたけど、今回の配属先は「総務経理部」。
仕事の内容は、システムに関係するところが主だけど、システム専任というわけではない。
不動産の事なんて全くわからないので、一から勉強中。
転職して半月が経過したけど、既にいっぱいいっぱいだ。
[PR]
# by tks-thekid | 2010-06-16 19:46 | 四方山話し

FM3Aデジタル的妄想

RICOH GXRは、レンズと撮像素子を一体型にしたユニットを交換するタイプのデジタルカメラである。
発想自体は面白いのだが、撮像素子とレンズをばらす事はできなかったのだろうか。
レンズはレンズ、撮像素子ユニットは撮像素子ユニットとすれば、無駄に同じ撮像素子が搭載されたユニットをレンズがほしいばかりに購入しなければならなくなるという事態はさけられる。

先日、FM3Aデジタル的なカメラを望むという話を書かせて頂いたのだが、カメラの機構としては、マニュアルフォーカスカメラは、既に完成されているわけで、基本的な機能向上を望むユーザーは殆どいないだろう。
例えば、ファインダー交換を可能にするとか、そういった話はあるのかもしれない。

そう考えると、デジタルカメラ的部分のみをユニット化し、その部分だけが交換可能となれば、フィルムカメラ時代には存在した一生もののカメラとなるわけだ。

発想的には、デジタルバックと何ら変わりは無いのだが、個人的には、既存のフィルムカメラにデジタルバックをつけるという発想は、中判以上の、もともとそういう機構を持ち合わせているカメラにのみ正当な形であると考えているので、FM3Aデジタル的なカメラでは、ボディと撮像素子ユニットを最適化する形で1から設計して頂きたい。

例えば、廉価なCMOSを使ったユニットがあれば、Kodak製のフルフレームCCDの物があったり、高画素数の物もあれば、画素数を抑えた物もあるといった具合で、ユーザーの好みや使用状況に合わせて交換可能というのが望ましい。
ユニットとして規格化して、どんなメーカーでも参入可能にしメーカー毎に基本的な相互互換を約束するという形になれば最高だろう。

こうなると、フィルム時代のフィルムとなんら変わりは無くなるわけだ。

古い考え方なのかもしれないが、カメラは、本来一生ものであるべきだと思う。
おじいちゃんが使っていたカメラにフィルムを通して写真を撮ってみたら、携帯電話のカメラでは味わえなかった、なんとも言えない世界が写し出されており、それに感動し、カメラを斜めがけしてオシャレに写真をとり歩く女子が出現し、それが一つのスタイルになり”女子カメ”なる言葉が生まれたのだとすれば、今の時代のカメラの扱いはあまりに刹那すぎる。
[PR]
# by tks-thekid | 2010-03-11 12:01 | 四方山話し