カメラのよくある勘違いの続き

前回、「この「ボケ」とレンズの明るさに何の関係があるのか・・・」というところで話しが終わっていた。
この話しの続きをしようと思ったのが、その前に適正露出を決める際にもう一つ重要な要素があるので、その話を先にしよう。

写真を撮った事がある人なら、殆どの人が気になったのではないかと思うが、デジカメに「ISO100」だとか「ISO1600」だとか、そういう表示というか、項目があったのを見た事があるのではないかと思う。

これは、「ISO感度」と呼ばれる物で、古くは「ASA感度」などと言われていた、フィルム感度を表す数値だ。
数値が低いほど低感度、数値が高いほど高感度となる。
ではフィルム感度とは何か?

フィルムは、その表面に無数の粒子を持っている。

感度が低いというのは、この粒子の一つの大きさが小さく数が多い状態。
感度が高いというのは、この粒子の一つの大きさが大きく数が少ない状態を言う。

平たく言うと、低感度にすると、小さい粒子が沢山の数ある事になるので、写真が綺麗に写るが、その反面粒子が小さいので1個あたりの粒子が受けられる光は少なくなり、受光しなければならない光の量はその分多くなくてはならない。

高感度にすると、大きい粒子が少量しか無いので、写真の画質は単純に低下するが、その反面粒子が大きいので、少量の受光でも適正露出を得る事ができる。

天気が良い日の昼間の屋外であれば、最低感度(一般的なデジタル一眼でISO100~200)。
昼間の屋内や夕暮れ間近の屋外、曇天の屋外でISO200~ISO400
夜の屋内では通常の蛍光灯の下でISO400~ISO800
少し薄暗い明かりではISO1600以上という感じを基準にすればよい。
デジタルカメラの場合、カメラの受光素子の性能に依存して、高感度側の画質は変化するので、どの感度が適正かというのは一概には言えないが、以降説明させて頂く「作画意図」と照らして考えてみると、より適切なISO感度が選択できるようになるだろう。

という事で本日の本題に入ろう。

まず、適正露出を得る為の絞りとシャッタースピードの組み合わせは、一つでは無いという話をした。
しかし、フィルム(デジカメの場合、撮像素子)が受光する量は同じである。
となれば、出来上がってくる写真も同じかというと勿論そうでは無い。

当たり前の話だが、シャッタースピードが速ければ、動いている物が止まっているように写る。
逆に遅ければ、被写体の残像が写る。
これは、写真を撮る人間がシャッタースピードを変化させることで作画意図を写真に反映する一つの方法である。

では、絞りを変化させることでどういった作画意図を写真に反映させることができるのか。

前回「ボケ」の話しで終わったのだが、絞りを単純に言うと、「ボケ」の量をコントロールする一つの要素なのだ。
大雑把に書くと、絞りを開ける(絞りの数値を小さくする)と「ボケ」の量は増加する。反面、絞りを絞る(絞りの数値を大きくする)と「ボケ」の量は減少する。
これは一般的に被写界深度と言う言葉で表される。
被写界深度とは、平たく言うとピントが合っている奥行きの深さである。

例えば、草原に女性が1人立っているとする。
この場合、単純に二つの撮り方が思い浮かぶ。
一つは、女性と草原全体にピントを合わせて撮る方法。
もう一つは、女性だけにピントを合わせて撮る方法。

写真の画面上で、女性が写っている面積と草原が写っている面積が両方の撮影方法で同じである場合、絞りを変えることで、上記の二つの違った写真が撮れる事になる。
この場合、せっかく女性なのだから、女性を主題にしたいとなれば、絞りを開けて被写界深度を浅くし、女性だけにピントを合わせ、アウトフォーカス部分に緑の草原が広がるという作画表現ができる。
主題が草原であるならば、逆に絞りを絞って被写界深度を深くし、女性と草原全体までしっかりピントの合った写真を撮れば良い。

それじゃあ、写真というのは、適正露出の範囲内での絞りとシャッタースピードだけで決まるのか?というと、そうでは無い。
レンズに様々な焦点距離があったりズームレンズがあったりするのは、遠くの物を大きく写したりする為だけにあるのではけして無い。
このレンズの焦点距離でも作画意図を写真に反映させる事ができるのだ。

という事で、レンズの焦点距離の話しはまた次回・・・
[PR]
by tks-thekid | 2008-12-17 12:15 | 四方山話し
<< 続きの続き カメラのよくある勘違い >>