原油バブル崩壊フラグ??何でも楽しもうと思えば楽しめる

先週の原油先物市場で原油バブル崩壊フラグが立った。
専門家では無いので、今後の動向を今の段階で読むのは難しいが、俺でもわかる事が一つだけある。
「需要がなくなればバブルは綺麗にはじける」
という事だ。
投機資金の流入だのなんだの複雑な事情があるのはわかるが、元々需要が無い物の価格が高騰するわけ無い。
そして需要が無くなれば、価格は下がる。
これは誰でもわかる当たり前の事だ。
原油の相場は非常に複雑で簡単では無いが、もっと単純に考えるべできはないかと思う。
こんな高くなったら、誰も買えない。
アメリカでは、数年前まで1ガロン1ドル程度だったガソリンが4ドルまで上昇しているらしい。
4倍だ。
これじゃだれも買えない。
新興国の中国やインドの需要がなんとか言っているが、日本の漁師が悲鳴をあげてるくらい高いのに、新興国が買えるわけ無いだろ。
いくら景気がいいからって、もともと物価が違うんだから。
中国もインドも原油は輸入に頼ってるんだしね。

先週末4日間連続で下落した相場も、週明け一発目で少し価格を戻した。
ここ数年間ほぼ毎日、先物の価格チャートを見続けている印象として、こういう流れで来ると普通なら週明けに急反発して、一機に上り詰めて次の節目を(今であれば150ドル)目指す勢いになるのだが、結局上がりきれなかった。
時間外でも130ドル付近をうろうろしてるし。

今日も日本時間の23:00から通常取引が始まる。
リアルタイムでチャートをチェックしてみたい人はここを見るといいだろう。
今までのログを見たい人はここ
みんなでバブル崩壊の瞬間を確認しよう。
[PR]
by tks-thekid | 2008-07-22 14:02 | 四方山話し
<< 炒りカレー 触るな危険 >>