触るな危険

昨日、職場の某お偉いさんからサポートコールがあり行ってみると、ちょっとしたメールの設定をやってほしいとの事だったので対応していた。
その内容については割愛させていただくが、そのサポートの中でそのお偉いさんのプライベートのメールアドレスを聞く事態が発生した。

お偉いさん「メールアドレスは...@i.softbank.jp」
俺    「!!!!!!iPhone買ったんですか???」
お偉いさん「なんでわかったの?」

という事で、自分の守備範囲から大きく外れるが、何故かiPhoneのセットアップのサポート延々と1時間以上してしまった。
改めて設定を行いながら、色々と触ってみると、ダメなところ良いところ、様々わかってくる。

はっきり言ってこんな物は、モバイルガジェットとして見た時に、低スペックなハードウェアに、バグだらけのソフトを詰め込んで、貧弱なバッテリーと電波感度の低い超使えないデバイスとしか言いようが無い、買うだけ無駄な物だ。

・・・しかし、触っていると何故かほしくてほしくてほしくてほしくてほしくて、仕方なくなる、魔法のアイテム。
一体なんなんだ。
触るだけで完璧に人間としての冷静さを失ってしまうのだ。
恐ろしい。
サブリミナル効果でもあるのだろうか・・・・
頭では「これは糞、ただのおもちゃ、お金の無駄」と考えながらも、心は完璧に虜になってしまうのだから恐ろしい。
危うく仕事帰りにSoftbankショップに寄ってしまうところだった。

でも何はともあれ、mobile meは必須。
普通にケイタイとして機能させるためには、これが無いとちょっと厳しいな。
年間¥9,800だからな・・・

触るな危険。

そして安藤君おめでとう。
君の待っていたケイタイが出るようだね。
[PR]
by tks-thekid | 2008-07-17 16:10 | 四方山話し
<< 原油バブル崩壊フラグ??何でも... iPod nanoに動画を入れてみた >>