好みの女性

恐らくのところ男性諸氏にはそれぞれ、好みの女性の顔立ちというのがあると思うのだが、大きく分けて二つのタイプの判別方法があるのではないだろうか。
一つは、「目鼻立ちはこう、顔の形はこう、髪型はこう」というある程度ロジカルに説明できるタイプ。
もう一つは、直感的に「キタコレ」というフィーリングのタイプ。
どちらがより、自分の好みに近いかというのは、結果的にどうであったかでしか測れない部分なのだが、自分の場合は凡そ後者になるのではないかと思う。

先日、UK出身の女性シンガーの夫が遺体で発見されるという事件があった。
非情に不謹慎ではあるが、そのUK出身の女性シンガー、コリーヌ・ベイリー・レイが正に直感的な俺の好みの女性だったのだ。
正に「キタコレ」である。
もともと非常に綺麗な女性なので、逆に言えば、その顔立ちが嫌いという人の方が少ないような気もしなくは無い。
しかし、なにかこう、そこはかとなく「キタコレ」なのだ。
ごまするわけでは無いが、なんとなくうちの奥様に似ているような似てないような。
あとうんkgダイエットすれば・・・
コリーヌ・ベイリー・レイ
キタコレ。
[PR]
by tks-thekid | 2008-03-25 10:25 | 四方山話し
<< ”中国”君 続・円高祭り >>