チャリンコ祭り

日曜日、大分市の九石ドームでサイクルフェスタなるものが開催され、チャリンコ先生アンパンのお誘いを受けて一緒に三時間耐久レースのスポーツサイクルのカテゴリーに出場してきた。
アンパンの話では、「まぁ本格的なシーズンインしてねーけん、慣らし程度」という事だったのだが、会場について、あたりを見回せば、普通にガチだったわけで、50万円オーバークラスチャリンコがゴロゴロあって、完璧に場違いな俺はびびりまくったわけだ。
まぁ結果などは言うまでも無いだろうが、率直な感想としては随分楽しかった。
しかし、小学生くらいの子供からぶっちぎられ、ちょっとかわいい系のオネエチャンには何周も周回遅れし、とんでもなく高価なイタチャリにのった50代くらいのおっさにもさくさく抜かれ、それなりの屈辱を味あわせて頂いた。
悔しさもあるが、なんとなく目標もできたわけで、これから自転車を趣味として、それなりに楽しめそうだなと思った。
ともあれ、俺が乗ってる自転車とガチでやってる人が乗ってる自転車には、様々な違いがある。
まぁ値段相応の当たり前と言えば当たり前の違いなのだが、一番感じたのは、ビンディングペダルだ。
フラットペダルでは、ペダルを踏み込んで引き戻す力をロスしてしまう。
せっかくアンパンからビンディングペダルをもらっているのだから、装着して出場すればよかった。
という事で早速昨日、アンパン宅に伺って、ビンディングペダルを装着してもらった。
夜で時間が遅かったこともあり、試走もそこそこしかできなかったが、なんか強くなった気分だ。
一時この状態で乗って、新たなグレードアップを目指そうと思う。


アンパン、よろしくね。
[PR]
by tks-thekid | 2008-03-11 13:19 | 四方山話し
<< 「ブタ」「死ね」 Photoitaイベント(春を... >>