Microsftのジレンマと大きな過ち

昨日の日記でintelの新CPU Atomについて少し紹介したのだが、ウィルコムがこのAtomを載せる端末のOSはWindows Vistaらしく、正直?が10個じゃ足りないくらい疑問が渦巻く。
昨日の日記には若干矛盾するが、はっきり言ってモバイルデバイスにVistaは不向きである。
せめてWindows XPにするべきだろう。
個人的な意見を言わせてもらえば、Windows Vistaベースでモバイルデバイス専用の新OSを開発するべきだと思うのだ。
結局Windows CEベースのWindows mobileシリーズでは、使い物にならないという事がはっきりしているのだから、Intelが大きく次世代モバイルに舵を取り、その最初の答えとしてAtomを立ち上げたのなら、Microsoftもそれにのっかっていくべきだ。
結局、主力製品のVistaを売りたいというジレンマで、がんじがらめになりフットワークの重いMicrosoftは、ここで大きな過ちを犯してしまったのだ。
この乗り遅れは後々大きく響いてくる。
その点、appleは強い。
OS X Leopardの発表を大幅に遅らせてでもiPhone用のカスタマイズドOS Xに開発リソースを大幅につぎ込んだのだから、その先見の明とフットワークの軽さは素晴らしいと言わざるを得ない。
正直、MicrosoftにはOffice for Macの一アプリケーションベンダーとしてしか期待していない。
これからは、間違いなくMac OSの時代が来る。
[PR]
by tks-thekid | 2008-03-04 12:18 | 四方山話し
<< Photoitaイベント(春を... Intelの新CPUが世界を変える >>