凜のギター(超ゴイスー)

金曜日に、子供たち3人連れて、時松工房に凜のギターを受け取りにうかがった。
完璧に想像を超えていた。
ものすごくしっかりしていて、本当にちゃんとした音が出る。
アニーボールのストラップと、ピック3枚(子供達に1人一枚ずつ)を頂いて、ギター自体もお安くして頂き、ギターのセッティングも抜群で、ホント時松さんとこで買って良かった・・・
どんなに安くても適当にセッティングされた通販や量販店のギターは絶対に嫌だと痛感した。

ともあれ、帰って早速音を出してみたが、本当にすごいよ。
子供だけじゃなくて、小柄な女性とかにも超お勧め。
身長が150cm前後くらいの人は、絶対にレギュラーサイズよりも弾きやすいと思う。
実際、木村カエラちゃんも、youtubeで見る限り、初期のライブでは、フェンダー製のミニギターを使ってるしね。
レギュラーサイズのギターになれてるような人には少しフレットが窮屈だけど、気にしなけりゃ気にならないレベル。

とりあえず凜に持たせてみたら、結構しっくり来てるから笑えた。
まず、Cスケールのコード進行から教えて行こうかなという事で、ドレミを弾いて運指の練習を少しして、ローコードのCとGとAmを教えて、ジャカジャカ弾く練習をした。
ちゃんと鳴ってない弦もあるけど、あまり気にせずにしっかりポジションを覚えてリズムに合わせてコードチェンジできるように練習中。
基本も重要だけど、早く自分で曲が弾けるようになった方が楽しいし、子供には練習が楽しい事が最重要だと思うので、細かいことは言わずに大雑把にやってます。
で、なんでCかというと、大塚愛ちゃんの「さくらんぼ」がAメロがCとGの繰り返しだけだから。
なんで大塚愛ちゃんの「さくらんぼ」かというと、凜がその曲がとにかくやりたいと言うから。
早くセッションできるくらいうまくなないかな・・・
[PR]
by tks-thekid | 2008-02-04 14:02 | 四方山話し
<< ある意味理想のデジタル一眼レフ 娘のギター決定! >>