褒められて伸びるほう

今、「褒めて伸ばす」というのが子育てのセオリーなのだが、これは子育て以外にだって当てはまることだ。
例えば、地球温暖化問題でも同じなのではないかと思う。
終末的な発想で「地球滅亡も秒読み段階」などとあからさまに不安を煽るような事を言う人達もいるが、むしろ逆効果だ。
勿論、現状地球がどういう状況であるのかを正しく知るという事は、非常に大切な事だと思うのだが、不安を煽る必要は無いだろう。
例えば、高校受験を控えた成績の悪い中学生に「もう無理、絶対に合格しない」と言うのか「今の君の成績はこのくらい、目標の高校に合格するには、あとこのくらい点が必要。でも、今からでも必ずできるよ」と言うのか。
自分であれば間違いなく後者の方がやる気が出る。
こういう地球規模の問題は、やる気の問題ではないのかもしれないが、ネガティブな感情とポジティブな感情、そのどちらに大きなパワーがあるかと言えば、俺はポジティブな感情だと思う。
「人類が作り出した問題なのだから、人類の英知を結集すれば必ず解決できる」
俺は科学者でも政治家でも何でも無いただの人なのだが、人類代表として、そう思いたい。
[PR]
by tks-thekid | 2008-01-10 16:02 | 四方山話し
<< どうなの 真実と事実 >>