マカー?カマー?

先週Mac bookのマイナーアップデートがあった。
アップデートというか、事実上の値下げが行われた。
真ん中のグレードの商品が光学ドライブを変えて、そのまま一番下にスライドされた形なのだが価格的にもスペック的にも正に今が買いと言ったところだろう。
しかしながら、6月のMac book proの新製品の発表(予測)と10月の新OSの発表(予定)が控えている今、買い時ではあるが、我慢のしどころでもあると言える。
もし、万が一、今Mac bookを購入したとすれば、10月に発売されるOSの購入は当面できそうにも無いので、新OSは一旦あきらめなければならなくなる。
いずれにしろ、奥様からのApploveがおりていない状況で、こんな取り越し苦労というか、皮算用というか、そんなもん最初から必要ないのだが、万が一ここを読んでいる人が同じく悩んでいるなら、まぁ俺も一緒という事が言いたいわけだ。
そして、こうやって繰り返しMacネタを書くことでサブリミナルのようにうちの奥様の深層心理になんらかの良い影響の働きかけがある事を願っている。否、狙っている。
ここを奥様が読んでいる事を知りつつ軽くネタばれするあたりが、俺のかわいいとこだろう。うふふ。

Macについて思い起こせば、あれは確か高校生のころだった。
パソコンがほしくなり、うちの父親(超Windows派というかWindows向けソフトのSE)に「マッキントッシュがほしんだけど」と相談した記憶がある。
もちろん「あんなもん使えるか」と無碍に一蹴されてしまった。
それからの人生、公私共に少しの疑問を抱く事も無く、ずっとWindowsを使い続け、その関係の仕事をしているわけだ。
なんでもそうなのだが、関係が無駄に長く続いてしまうとマンネリというか、惰性というか、トキメキというものが無くなってしまう。
(うちの夫婦は別♪)
しかも、用途は違えど仕事で一日中Windowsをあたっているので、家で趣味の時間をすごしつつも仕事から離れられないような気持ちにすらなってしまう。
自宅のPCでトラブルが起きた時など、最低の気持ちになる。

とまぁ、そんなこんなでMacがほしい。
しかしながら、冒頭「買い時」とは言ったものの、奥様から購入のApploveさえもらえれば、とりあえず、少なくとも6月の新製品の発表までは待って、どんな形でMac book proがアップデートされるのかを確認し、それが新OSに現状のハードよりも更に最適化がはかられていれば、とりあえず10月まで待って判断というのが一番良いと思う。
それが賢い人間のとるべき行動だろう。

今買わなければならない理由は無いのだから、余裕を持って動向を見守る事が一番賢明であるように思える。

というか、こういう本当に魅力的だと思わせる奴の登場こそ、自分みたいなMac素人に対する何か大きな落とし穴であると考えるべきなのかもしれないな。

結局お金が無いから買えないだけなのだが・・・・



今まで秘密にしていたが、一部の女子社員から「たかこさん」というあだ名を付けられ、オカマ扱いされている。
そして、今一番会いたい人はIKKOさん。
俺は既に、マカーでは無いにしろ、立派なカマーなのだ・・・



そんなあたしは、もうすぐ4人のパパよっ♪。




どんだけ~
[PR]
by tks-thekid | 2007-05-23 09:38 | 四方山話し
<< 大問題発生!!! イギリス風ちゃーはん??? >>