FM3Aデジタル的妄想

RICOH GXRは、レンズと撮像素子を一体型にしたユニットを交換するタイプのデジタルカメラである。
発想自体は面白いのだが、撮像素子とレンズをばらす事はできなかったのだろうか。
レンズはレンズ、撮像素子ユニットは撮像素子ユニットとすれば、無駄に同じ撮像素子が搭載されたユニットをレンズがほしいばかりに購入しなければならなくなるという事態はさけられる。

先日、FM3Aデジタル的なカメラを望むという話を書かせて頂いたのだが、カメラの機構としては、マニュアルフォーカスカメラは、既に完成されているわけで、基本的な機能向上を望むユーザーは殆どいないだろう。
例えば、ファインダー交換を可能にするとか、そういった話はあるのかもしれない。

そう考えると、デジタルカメラ的部分のみをユニット化し、その部分だけが交換可能となれば、フィルムカメラ時代には存在した一生もののカメラとなるわけだ。

発想的には、デジタルバックと何ら変わりは無いのだが、個人的には、既存のフィルムカメラにデジタルバックをつけるという発想は、中判以上の、もともとそういう機構を持ち合わせているカメラにのみ正当な形であると考えているので、FM3Aデジタル的なカメラでは、ボディと撮像素子ユニットを最適化する形で1から設計して頂きたい。

例えば、廉価なCMOSを使ったユニットがあれば、Kodak製のフルフレームCCDの物があったり、高画素数の物もあれば、画素数を抑えた物もあるといった具合で、ユーザーの好みや使用状況に合わせて交換可能というのが望ましい。
ユニットとして規格化して、どんなメーカーでも参入可能にしメーカー毎に基本的な相互互換を約束するという形になれば最高だろう。

こうなると、フィルム時代のフィルムとなんら変わりは無くなるわけだ。

古い考え方なのかもしれないが、カメラは、本来一生ものであるべきだと思う。
おじいちゃんが使っていたカメラにフィルムを通して写真を撮ってみたら、携帯電話のカメラでは味わえなかった、なんとも言えない世界が写し出されており、それに感動し、カメラを斜めがけしてオシャレに写真をとり歩く女子が出現し、それが一つのスタイルになり”女子カメ”なる言葉が生まれたのだとすれば、今の時代のカメラの扱いはあまりに刹那すぎる。
[PR]
by tks-thekid | 2010-03-11 12:01 | 四方山話し
<< また転職 PENTAX645D >>