PENTAX645D

明日にCP+の開幕を控えた今日、PENTAXが645Dの詳細を明らかにした。
まず、以下の図を見て頂きたい。

a0039078_21331922.jpg


一番手前のこの中では一番小さい青の四角が、35mmフルサイズ。
二番目の赤い四角が今回645Dで採用された、44mmx33mmの撮像素子。
三番目の青の四角が通常の645サイズだ。
フルサイズ比でその面積は1.7倍のサイズだが、645比で行くと約半分となる。

これは、645では無い。
35mmをフルサイズとした時のフルサイズとAPS-Cの関係に非常によくに似ているサイズと言える。
正直、これをどう捉えるべきかはよくわからないのだが、個人的には645のサイズに拘らなかった事は、正しい判断だと思う。

価格は売り出し価格で85万程度になるとの事だ。
PENTAXは「プロにも十分使ってもらえるが、あくまでメインターゲットは写真を趣味とするアマチュアカメラマン」としている。
もし、645サイズに拘ってしまっていたら、倍以上の価格になっていただろう。
そう考えた時に、やはりこのサイズにした事は正しい判断だったと言える。
中判のユーザーは、35mmフィルムユーザーに比べれば、フォーマットの違いによる画角の変化には、そこまで執着しないのではないかとも思うので、フルサイズより高画質で645のレンズが使えると言うだけで十分な気もする。
しかしながら、アマチュアカメラマン向けというのであれば、もう一声価格設定を頑張ってもらいたかった。

センサーはやはり、Kodak性のフルフレームCCDを載せてきた。
しかも、ローパスフィルターレスである。
さらにローパスフィルターレスでありながら、UV/IRフィルターにゴミ取り機能を実装しているあたりは非常に良い。
ただ、ローパスフィルターレスでありながら、モアレを抑える仕組みが何も無いというのは、チャレンジャーだ。
後処理の時にソフトで処理をかければ問題は無いだろうし、それができないような人間が買うカメラでは無いのだろうが・・・
むしろそういった割り切りも潔いと捉えるべきだろう。

このカメラは、強く外に持ち出して使われる事を意識した仕様になっているが、その思惑とは裏腹にスタジオカメラマンに多く普及して行くのではないかと思う。
近所の写真スタジオや結婚式カメラマンが、このカメラを使って仕事をしている姿が目に浮かぶ。

ともあれ、これはさすがに普通に買える値段では無い・・・
奇しくもCONTAX N Digitalが2002年に初めてフルサイズセンサーのカメラを世に送り出した時の価格とほぼ同じ価格だ。
このサイズのセンサーを載せたカメラが普及価格帯にのるまでには、まだまだ数年かかりそうだ。
[PR]
by tks-thekid | 2010-03-10 21:38 | 四方山話し
<< FM3Aデジタル的妄想 センサーサイズがカメラ重量を決... >>